【氷食症】氷を食べる人は危険!氷食病とはどんな病気?

貧血になると氷食症の症状が現れることあります

 

「氷をバリバリ食べる」人は危険!実は恐ろしい氷食症(ひょうしょくしょう)の実態。

 

世の中にはそれを食べるの?とゆうようなものを口にする異食症というのがあり,それの一種

 

として氷食症があります。

 

氷食症とは土や紙や粘土など栄養価がないものを無性に食べたくなる症状です。

 

異食症とは栄養のないものを食べたくなる症状。とくに妊娠中の女性や鉄欠乏症賞の方に多い

 

ようです。

 

妊娠していない若い女性にも多いようです。異食症は土とか紙など食べ物でないものを食べたく

 

なる症状ですが、、比較的割合の多い氷食症に関することです。氷をそのまま食べるっていう人

 

は多いですが、普通に水に氷を入れて食べる人もいます。

 

なぜ氷食症が起きるのか?

 

レストランやカフェでドリンとクの中にはいっている氷をバリバリ食べる人を見たことはありま

 

せんか?

 

ただ単に氷を好きで食べるのはいいのですが、そうではないケースがあります。

 

好きで氷を食べているのではなく、食べたくてしょうがないと思っているひとが氷食症です。

 

体内の鉄分不足が原因なのです。

 

赤血球が不足することで脳に十分な酸素がいきわたらず、自律神経にくるいが生じ体温調整が

 

うまくできなくなることが氷を恋しくなる理由と考えられます。女性が毎月生理が来ることで

 

鉄分を失って貧血になりやすい。

 

生理による貧血が鉄分不足を招き、それが氷食症になるということ。近年約2割女性がこの

 

氷食症を発症しているので、他人事ではありません。女性に多い病気でこの氷食症の特徴と

 

しては人の体に現れる特徴として「1日に製氷皿一杯以上の氷を食べる」「貧血症状が出る」

 

「めまいがでる」「口の中の温度が高くなる」「冷たいものを欲しやすい。」「持久力が低下」

 

「顔色が優れない。」「寝起きや寝つきが悪い。」季節を問わず、氷を食べ続ける氷食症は

 

体を冷やしてしまい胃腸を悪くするだけでなく固いものをかみ砕くことであごの関節症を併発

 

することもあります。

 

氷食症を予防するにはどうしたらよいのか?

 

貧血を予防するのが大事。適度な運動をしてヘモグロビンを増やす。「運動」「睡眠」と鉄分の

 

多い食品を食べること。たとえば、大豆・レバー・ほうれん草・プルーンなど。そして赤血球を

 

作る葉酸が含まれる「牛乳」や「卵」を積極的に摂ること。

 

そして食事で補いきれなかった鉄分はサプリメントで補う。で鉄分の吸収を助けるビタミンCを

 

合わせて摂る。この氷食症に心当たりがある方は病院に行って血液検査をすることをおすすめ

 

します。氷食症になりやすいのはとにかく貧血の方に多い。貧血の方は新陳代謝も悪くなるので

 

鉄分を意識した食事をとることをお勧めします。

 

一般的な貧血の症状には、疲れやすい、めまいや立ちくらみ、食欲不振、動機や息切れ、

 

頭痛などがあります。

 

貧血が更に進むとことで食べ物が飲み込みにくくなったり、舌の表面がつるつるになる、枝毛や

 

抜け毛が増えることもあります。これら以外にも、氷食症いう症状があらわれることもあり

 

ます。

 

この氷食症の特徴としては、氷を食べたいという衝動にかられる、冷たい物が欲しくなる、最近

 

疲れやすい、寝つきや寝起きが悪くなったなどの特徴があり、貧血の方でこれらのことに当て

 

はまる場合は、氷食症の可能性があります。

 

氷食症になると、冷たい氷や飲み物が欲しくなるので、胃腸が弱ってしまったり、固い氷を食

 

べることで顎関節症などを起こす場合もあります。

 

氷食症を改善するには、まず貧血を治すことが大切です。生活習慣を見直し、適度な運動

 

や睡眠、鉄分や葉酸、たんぱく質やビタミンCを多く含む食品を意識して摂取することで

 

これらの症状も改善することが期待できます。

 



貧血症状を伴う氷食症という病気の詳しい内容

食べ物ではなく栄養価も特にない鉛筆や粘土、紙や木炭などを食べてしまう異食症という病気について知っていますでしょうか。
また異食症の一種である氷を食べる事がやめられなくなってしまう氷食症と呼ばれる病気があるのですが、この氷食症の患者が最近増加傾向にあるようなのです。
その氷食症の詳しい内容についてですが、この病気は鉄分不足が大きな原因になっていると言われていて、そのためお腹の赤ちゃんに鉄分などの栄養を吸収される妊婦に多く見られる病気のようで若い女性の患者の方が男性の患者よりも多いようです。
また体内で鉄分が不足する事でこの病気を引き起こすメカニズムについてはまだはっきりと分かってはいないようですが、この病気は鉄欠乏性貧血を伴う事が多いので、酸素を体の各部分に運ぶ役割を持つ鉄分が不足する事で自律神経に乱れが生じ、その結果体温調節機能が正常に働かなくなって体温が上昇し氷を食べたくなってしまうのではないかと言われています。
また貧血になると口中の温度が上昇するのでそれを冷やそうとするためとも言われています。
ですから氷を大量に食べたり貧血症状がある人は氷食症の疑いがありますから注意した方がよいでしょう。