01.貧血になると氷食症の症状が現れることあります

b5eaa3a7ab3c7d98b1ad027eeae40ed1_s

一般的な貧血の症状には、疲れやすい、めまいや立ちくらみ、食欲不振、動機や息切れ、頭痛などがあります。貧血が更に進むとことで食べ物が飲み込みにくくなったり、舌の表面がつるつるになる、枝毛や抜け毛が増えることもあります。これら以外にも、氷食症いう症状があらわれることもあります。この氷食症の特徴としては、氷を食べたいという衝動にかられる、冷たい物が欲しくなる、最近疲れやすい、寝つきや寝起きが悪くなったなどの特徴があり、貧血の方でこれらのことに当てはまる場合は、氷食症の可能性があります。氷食症になると、冷たい氷や飲み物が欲しくなるので、胃腸が弱ってしまったり、固い氷を食べることで顎関節症などを起こす場合もあります。氷食症を改善するには、まず貧血を治すことが大切です。生活習慣を見直し、適度な運動や睡眠、鉄分や葉酸、たんぱく質やビタミンCを多く含む食品を意識して摂取することでこれらの症状も改善することが期待できます。

 

貧血症状を伴う氷食症という病気の詳しい内容

食べ物ではなく栄養価も特にない鉛筆や粘土、紙や木炭などを食べてしまう異食症という病気について知っていますでしょうか。
また異食症の一種である氷を食べる事がやめられなくなってしまう氷食症と呼ばれる病気があるのですが、この氷食症の患者が最近増加傾向にあるようなのです。
その氷食症の詳しい内容についてですが、この病気は鉄分不足が大きな原因になっていると言われていて、そのためお腹の赤ちゃんに鉄分などの栄養を吸収される妊婦に多く見られる病気のようで若い女性の患者の方が男性の患者よりも多いようです。
また体内で鉄分が不足する事でこの病気を引き起こすメカニズムについてはまだはっきりと分かってはいないようですが、この病気は鉄欠乏性貧血を伴う事が多いので、酸素を体の各部分に運ぶ役割を持つ鉄分が不足する事で自律神経に乱れが生じ、その結果体温調節機能が正常に働かなくなって体温が上昇し氷を食べたくなってしまうのではないかと言われています。
また貧血になると口中の温度が上昇するのでそれを冷やそうとするためとも言われています。
ですから氷を大量に食べたり貧血症状がある人は氷食症の疑いがありますから注意した方がよいでしょう。

貧血の原因を改善。貧血から来る偏頭痛を解消しよう

02.氷食症の病院でも治療方法と予防

f9c2281649369703d41c715cd318dbd2_s

氷食症とは、異食症のひとつです。異食症は、紙や鉛筆、粘土など食べ物ではないものを食べてしまう病気です。氷食症は、氷をバリバリとたくさん食べてしまう病気でストレスが原因で引き起こすともいわれますが、鉄分が不足することによって引き起こしたりもします。好きでもない氷をバリバリと食べ続けて体調に異常を感じたら、氷食症を疑いすぐに病院を受診したほうがいいです。病院を受診すると、まず血液検査を行います、その後、鉄分が不足しているために鉄分を含んだ鉄剤が処方されます。それを1ヶ月ほど服用すれば症状は改善されますが、再発することもあるので2〜3ヶ月の間は、服用することもあります。そして、再発を防止するためにも、鉄分を多く含んだ食べ物を積極的にとったり、鉄剤や鉄分のサプリメントを服用したり、十分な睡眠をとり、鉄分の吸収を助けるビタミンCを摂取し適度な運動を行い、ストレスをためないようにすれば再発を防止することができます。

 

氷食症とストレスの関係性

氷食症と言う言葉を1度でも聞いたことがあるかも知れません。氷食症とは、氷をバリバリと食べることです。氷が好きでバリバリと食べているのであれば、問題はないのですが、好きでもないのに食べたくなり大量に食べるというのであれば氷食症です。原因は、日々の生活によるストレスからによるものであったり、鉄分が不足していると引き起こすことがあります。鉄分が不足する原因もストレスによるものとされています。氷をたくさん食べることによって、体か冷えてしまうので体内でさまざまな不調がおこります。大量に氷を食べるので、体に芯まで冷えてしまうので手足が冷え、また肩こりや首のこりもでてきます。免疫力も低下してしまうので、冬だとかぜを引きやすくなり治りにくくなったりもします。また、体を冷やし鉄分が不足してしまうので生理不順にもなってしまいます。早めに病院へ行き、鉄剤の薬を処方して治療をすれば1ヶ月ほどで治りますが再発することもあるので注意も必要です。

03.異食症の中でも多い氷食症

95499a7962a05dcd2616de7e801b1b17_s

チョークや粘土などの特に栄養価がないと言われているものを無性に食べたくなってしまう異食症と呼ばれる症状をご存知でしょうか。
この症状は亜鉛欠乏や鉄欠乏性貧血が原因になるケースが多いようで、妊娠中の方に起こりやすい症状とも言われています。
また異食症の中でも多いのが氷食症と呼ばれる症状なのですが、氷食症は自分でも抑えきれないくらいに無性に氷を食べたくなってしまう症状で、めまいなどの貧血症状を起こしたり寝付きが悪くなったりするようです。
また氷食症は氷を大量に摂取するので体を冷やしてしまう事になり消化器官も冷えてしまうので肩こりや頭痛、肌トラブルなどの症状も引き起こすようですし、合併症として腸閉塞や胃潰瘍を起こす可能性もあるようです。
しかし氷食症は適度な運動でヘモグロビンの増加を促したり、睡眠時間を十分に確保する事で予防できるようですし、鉄分を多く含んだ食材を摂取するようにしたり、鉄分のサプリメントなどを利用する事でも予防できると言われています。

 

貧血による氷食症の改善方法

鉄分不足が原因の貧血は、様々な厄介な症状を引き起こします。
ちょっとしたことですぐに疲れてしまったり、立ちくらみや動悸、息切れといった症状はもちろん、貧血症状が更に進行すると口角炎や抜け毛、爪の変形など更に厄介な状態を招く恐れもありますが、そんな貧血が引き起こす症状のひとつで、注意したいのが氷食症です。
文字通り、過度に氷を食べてしまう症状で、一般的に1日に製氷皿1皿を1人で食べてしまう状態が氷食症であると考えられていますが、常に氷を食べることにより身体や内臓が冷え切った状態が続いてしまい、様々な不調を招いてしまうので、甘く見ずに改善に取り組む必要があります。
氷食症は鉄分欠乏が原因である為、日常の食生活の見直しによって改善を期待することもできますが、再発予防も含めたより確実な改善の為には、やはり病院で治療を受けることがおすすめです。
意思に反してやたらと氷を食べてしまう、という症状に心当たりがある場合には、まず病院で相談してみましょう。

04.氷食症に効く漢方について

8afc2b34381794b1ae822b771fe63fec_s

氷食症とは、氷を一日に何度も食べたくなる病気です。主に鉄欠乏性貧血が原因と考えられています。主に鉄欠乏性貧血が原因と考えられは氷を無性に食べるだけでなく、強迫症状を併発することもあります。
氷食症の治療は鉄分の補給がが有効と考えられるので、貧血に効く漢方の摂取がすすめられます。漢方は体質によって使うものも異なります。一般的に貧血には当帰芍薬散が有効です。体力がなく、色白で冷え性の人にあっています。八味地黄丸も氷食症の原因となる貧血を改善するためにすすめられる漢方の一つです。体力が低下していて、倦怠感があり、顔色が悪い人によく使われます。補中益気湯は胃腸の働きが弱く栄養の吸収がうまくできなくなっている人に使われます。sのほかにも加味帰脾湯、人参養栄湯、四物湯なども貧血に効果的と考えられています。
氷食症の人は氷を食べ過ぎることで身体や胃腸が冷え、内蔵の機能が低下していることも多いので、漢方は冷えを解消するにも有効な治療法だと考えられます。

 

過多月経から貧血となり氷食症に

暑い夏に氷を食べていても不思議ではありませんが、寒い冬の野外でも氷を食べている人がいたら、それは氷食症かもしれません。
夏でも製氷皿1杯分の氷を食べてしまうとか、やたら氷を食べたくなる、などがあれば氷食症の可能性があります。

氷食症と言うのは、貧血のときに見られる症状のひとつです。

なぜ、貧血になると氷を食べたくなるのかはよくわかっていませんが、貧血で舌炎ができて口の中が熱く感じるからではないかと推測されています。

貧血は女性に多いのですが、それは生理があるからです。過多月経が原因で貧血になり、貧血が原因で氷食症になっている若い女性が最近増えているようです。

過多月経は1回の月経での出血量が60gを超えた場合と一応の定義はありますが、測る人はいないと思いますので、目安で判断してください。(1日ではなく1回ですので間違わないようにしてください)

昼間のナプキンが2時間持たない、夜用ナプキンでもシーツを汚す、夜用ナプキンでも夜中にナプキン交換が必要などは、過多月経の可能性があります。

過多月経の陰には子宮筋腫があることも多いので、貧血になる前に婦人科を受診しましょう。

05.強迫性障害の一種である氷食症は然るべき対処を

5775639595dde4fd4815638ccb593dd9_s

自らの意思に反して特定の行為を繰り返してしまう強迫性障害には様々なタイプのものがありますが、中でも近年患者数が増え、問題視されているのが氷食症です。
氷をそのまま食べるという行為そのものは、特に夏場などには多くの人が行うものではありますが、1日で製氷機1皿分全て食べてしまう、というような場合は氷食症の定義に該当するので、然るべき対処を行うことが大切となります。
改善を目指す為には、当然ながらまず原因を把握しておくことが必要不可欠ですが、この強迫性障害の一種である氷食症は、鉄欠乏性の貧血が原因となっているケースが多くなっています。
無性に氷を食べてしまう以外にも、食欲不振やめまい、動悸や息切れなど貧血症状に心当たりがある場合には、不足している鉄分をしっかりと補うことが重要です。
氷が無性に食べたくなるという症状は、中々病気であると認識されにくいのも現実ですが、強迫性障害という病気であることをしっかりと認識し、軽く見ることなく対処するようにしましょう。

氷食症の場合は貧血の数値を調べよう

普段は積極的に食べたくないものを無性に食べたくなってしまう症状を異食症と呼びますが、特に氷を食べたがる氷食症はよく知られた症状のひとつです。
もともとは水なので、あまり心配いらないイメージもありますが、胃腸を冷やしてしまうことになりますので、長くこうした状態が続くことは体に良いとは言えません。

こうした衝動にかられる原因としてはストレスなどもあげられますが、身体に何らかの変化が起きている場合もありますので、注意したいものです。

氷食症は貧血を起こしているときに起こりやすいといわれていますので、一度検査をしてみると良いでしょう。

貧血は顔色の悪さやめまい、ふらつきなどでも気がつくことがありますが、血液検査ならすぐに数値を知ることができますので、調べておきたいところです。

鉄分が欠乏すると体温調整の機能が落ちてしまうので、口内の温度が高まるので、氷を食べたくなってしまうのではないかとも言われています。

氷食症の症状は貧血が改善されると自然とおさまっていくとされていますので、貧血と診断されたら、早めに治療をはじめたいものです。

06.妊婦が注意したい貧血のサインが氷食症です

43fc13a55c1f7306b416bfc858fbdf65_s

女性は、普段から生理などで貧血気味の人は多くいます。
また、妊婦になってから急に氷が食べたくなるケースもあります。
この氷を食べる状態を、氷食症といいます。
この氷食症は、病気で異食症の一種です。
原因としては、鉄分欠乏症による貧血になっているからです。
血液の赤血球が減少する事で、脳内に送る酸素量が減少します。
その事により、自律神経に狂いがおき、体温調節がうまく出来なくなります。その結果、口の中の体温が高くなることから口内を冷やすために氷を食べたくなるのです。このために、氷食症の状態になります。
ただ、単に氷が好きで2,3個食べる分には大丈夫です。
この氷食症の場合は、一日に食べる氷の量が製氷皿の氷を一度に全て食べてしまうレベルです。
妊婦の場合は、特に栄養バランスが崩れやすく鉄分不足になりやすくなります。
そのために、一時的な氷食症の方が非常に多くいます。
また、無理なダイエットなどで鉄分が減少しやすく女性に多い病気です。

鉄分を補い氷食症や記憶力低下を改善

氷は飲み物を冷やしたり料理に涼しさを与えてくれたりなど、夏には欠かすことのできない存在です。
飲み物を飲み干した後に残った氷を、そのまま口に含んで食べてしまうことも珍しくありませんが、氷を食べる頻度があまりにも多い場合、氷食症という病気に該当する可能性があるので注意が必要です。
氷食症は主に鉄分の欠乏、貧血を原因として引き起こされる病気ですが、たかが氷を食べるだけ、と軽視して放置していると、常に体が冷えた状態になっていることにより深刻な状態になってしまう恐れがあるので、しっかりと改善に努める必要があります。
また、鉄分の欠乏は氷食症だけでなく、記憶力の低下や食欲不振など、日常生活にも悪影響を及ぼす可能性のあるものなので、しっかりと鉄分を補い、予防や改善を行いましょう。
鉄分欠乏の度合いがまだ軽度な状態であるならば、日常の食事でレバーなど鉄分を豊富に含んだ食材を意識的に摂取するように心がけることで、改善を期待することが可能ですが、それだけで改善が認められない場合には、医師に相談することが大切です。
鉄分をしっかりと補い貧血を予防し、氷食症や記憶力低下のリスクを回避しましょう。

07.氷食症は内服薬で治療できる

氷食症は無性に氷を食べたくなる病気です。単に氷が好きなだけでは氷食症とは言いません。具体的には、1日に製氷皿1皿以上食べること、と定義されています。ひどい場合には、歯が折れても氷を食べつづけます。
氷食症の原因は鉄の欠乏とされています。鉄が欠乏すると貧血になることが多く、動悸・息切れや立ちくらみを併発することもあります。しかし貧血でなくても氷食症になることがあります。なぜ鉄が欠乏すると氷が食べたくなるのかは、よく分かっていません。
男性よりも女性に多く、特に妊婦によく見られる病気です。やはり鉄が不足しがちな人ほど、かかりやすいと考えられます。
血液検査をして、鉄不足であることがはっきりしたら、薬で治療することができます。このときは鉄剤フェロミア錠などを1日1~2回、1か月ほど服用すれば治る場合がほとんどです。ただし再発防止のため、治ってからも3~4か月は薬を飲みつづけることが推奨されます。胃腸の弱い人や薬の副作用が出る人は、鉄剤を注射することもできます。

氷食症の疑いがあれば検査しましょう

氷食症とは、異常な程に氷を欲して始終ガリガリ食べてしまう。氷がないとイライラしてやめようと思うのにやめられないという症状です。
ジュースに入っている氷をガリガリ食べる人もいますが、単に好きで食べるというのではなく、氷が食べたいという強い欲求にかられて氷を食べてしまう人が氷食症の可能性が高いのです。目安としては一日に製氷皿ひと皿分の氷を食べるかで見ると良いでしょう。
氷食症の主な原因に挙げられるのが「鉄欠乏性貧血」「鉄欠乏症」です。
以前は妊娠中の女性に見られましたが、最近は妊娠していない女性にも見られるようです。
鉄不足でなぜ氷を欲するのかは明らかではありませんが、赤血球不足で脳まで十分な酸素が行き届かず、自律神経に狂いが生じて体温調節がうまくできなかったり、体温が上昇するので冷やしたくなる等の説がありますが、少しでも思い当たる節があれば検査してみましょう。
ヘモグロビンやトランスフェリン飽和度などの数値を検査することで貧血や鉄欠乏症がわかります。
氷食症と診断されれば、鉄剤の一種フェロミア錠などを服用しての治療となり、1ヶ月ほどで改善されます。

 

08.氷食症と血液検査について

b80400b28fc509468ee3a7fadea62084_s

氷食症とは無性に氷を食べたくなってしまうという病気の一種で、無機物を含む非栄養物質を食べたいと考えてしまう異食症の一種であると考えられています。この原因としては色々なものが考えられていますが、前駆症状として貧血を併発しない鉄欠乏症の状態でも氷食症は発生します。しかし実際のところはあまり詳しくはわかっていません。
健康な人でも氷を口に含むという行動を取る人はいますし、珍しいことではありません。しかし氷食症というのは一日に製氷皿一枚以上を一日で食べてしまうということを定義としているため、普通の症状とは言えません。
この病気の診断には血液検査が活用されています。血液検査の項目としては貧血の検査と鉄欠乏を調べることになります。氷食症の場合貧血は必須症状ではありませんが、鉄欠乏が確認された場合には薬剤による治療が有効であると診断することが出来るようになります。そのため治療としては薬物療法を行うことになります。

病院で行う血液検査項目の種類

 

更年期にみられる氷食症

更年期になると女性ホルモンの減少により、自律神経のバランスが崩れます。
自律神経を司る交感神経と副交感神経は、互いに調和をもって正常な脈拍をコントロールしているため、この神経に支障をきたすとその調和がくずれて脈拍に影響を及ぼします。
脈拍が正常でなくなると、うまく血液が循環しなくなり、脳へ血液がまわらなくなることで貧血の症状へとつながっていきます。
ですから更年期は貧血になりやすいのです。
さらに、貧血の症状がある方は、氷食症になりやすいと言います。
氷食症とは、氷が無性に食べたくなるという異食症の一種で、持久力の低下や食欲低下、更には記憶力にまで影響を及ぼすものです。
貧血からなぜ氷食症となるのかは諸説あり、はっきりとした理由は解明されていませんが、鉄欠乏により食趣向が変わるという説や、貧血により体内より口の中の温度が高くなるためそれを冷やそうとして氷を欲するのではないかという考え方もあるようです。

09.氷食症と貧血と高血圧の話

0da269523751f2638d509c31caa55c3d_s

氷食症は異食症の一種であり、氷を食べずにおれなくなるという状態になります。製氷皿一皿以上の氷を食べると氷食症と見なされるという定義が存在します。冷蔵庫が一般的に広く使われるようになってから生まれた、新しい病気だと言えます。
氷を食べたくなる他に、記憶力と持久力が低下したり、寝付きが悪くなったりすることもあります。

また、動悸息切れや顔色が悪くなるなど、貧血症状が併発することが多々あります。
氷食症の主な原因は鉄欠乏です。人間の体温は、腋の下よりも口の中の方が高いです。そのため、口の中を冷やすために氷を食べるという説があります。また、鉄欠乏によって食べ物の好みが変化するという説もありますが、まだ詳しいことは分かっていないというのが実情です。
なお、貧血と低血圧が混同されることもありますが、これは全く別のものです。低血圧の人が必ず貧血になるわけではありませんし、高血圧の人でも貧血になります。高血圧かつ貧血の人は、血圧を下げると貧血が酷くなる場合もあります。

氷食症の後遺症について

氷食症とは氷を食べたくなる病気で、一日に製氷皿を一皿食べるという定義があります。
氷食症のひとは歯が折れたり、顎関節症になっても氷を食べる事が止められず、
なかには毎日8㎏を食べ続けたケースもあります。
男性より若い女性に氷食症は多く、貧血であるひとが多いのが特徴です。
鉄欠乏の初期症状では氷を食べたくなる傾向があり、
治療としては鉄を含む錠剤を服用することにより、ひと月程度で解消することがほとんどです。
氷を食べると体温を下げる弦人となり、さまざまな後遺症が残る事があるので注意が必要です。
後遺症としては、氷食症により体温がさがることによる免疫力の低下です。
免疫力の低下はさまざまな病気を引き起こします。
また癌細胞は、体温が下がることにより増殖しやすくなります。
氷食症は危険な症状ですので、心当たりがあれば病院にかかることが大切です。
病院では鉄を含んだ錠剤を処方され、鉄分不足が解消されれば氷を食べたいと思わなくなります。